今日の放射線量(続報)

昨日からの雨で、やはりバックグランドの放射線量は増大しているようだ。
まあ、大気中での核実験全盛だった1960年代に比べればかわいいものだという見方もあるが...
(「排出放射性物質影響調査:大気中核実験」http://www.aomori-hb.jp/ahb2_08_t01_term.html

新宿、1時間値
画像


新宿、1日単位(まだ昨日のピークは出てない)
画像


渋谷、1時間値
画像


渋谷、1日単位
画像


まあ、15日のピークよりは低そうだが、ベクレルもそうだけど、もともとの基準値、平常値というのは、問題になるレベルとは桁が違うということなんだろう。
一雨ごとに下がっていくといいなあ...

この記事へのコメント

tamataro
2011年03月22日 10:29
有益でわかり易い情報をありがとうございます。私は妻を東京に残して単身中の身でして、単身で関西におりますので心配なことは間違いありません。私自身も色々と調べる中で1960年代(大気圏内核実験の影響が多大だった時期)の資料に注目しております。政府にはこの時期との比較も含めて具体的な発表をしていただいたほうがより安心感が増すと考えている一人です。1960年代に生まれた私は何も知らず少年時代は雨の中でも屋外で遊びまわっておりましたがいたって健康です。【知らぬが仏】ということが良いとは一概に言えませんが。このあたり専門家はどのような見解をお持ちなのでしょうかね。

この記事へのトラックバック