「今日の放射線量」について

今日の放射線量」について
本文で、年間約2.4ミリシーベルトと書いたが、これは自然放射線量の世界平均値らしい、
日本は地質とかの関係(花崗岩とか古い地層の多い地域は、ウラン、トリウム系の被爆が多いが、日本の地層は基本的に新生代のもので新しいせいだろう)ので、世界平均よりかなり低く、
年間約1.5ミリシーベルトだそうだ。
もとが低いからなおさら目立つのかもしれないが、外国人が被爆を恐れて日本から逃げ出すなんてのは、噴飯ものなことだ。

あと今テレビでやってたが、体内被曝の主要な原因のカリウム40のレベルは、8000ベクレル(と聞こえた)の程度らしい。
(このリンク(http://kyoto.cool.ne.jp/zebedee/becquerel.html)では、4000ベクレルとあるが...)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック