欠けたタイル、使用前、使用後

欠けたタイル、使用前、使用後

本日無事に帰還した、スペースシャトルSTS-118の件のタイル
ソースは下記
http://spaceflight.nasa.gov/gallery/images/shuttle/sts-118/hires/s118e06229.jpg
http://www.nasa.gov/images/content/187279main_07pd2305.jpg

ならべて比較してみた、
やはり使用後は、相当解けたのか、下地が出てる面積が広がっている(上のダメージの大きいタイル)
下のダメージの小さかったほうのタイルも、表皮(?)の黒い部分の欠けた面積が広がっているし、中身の白い部分の境界が解けて、上の方に広がった感じ

画像

この記事へのコメント

KAZZ
2007年09月03日 12:14
はじめましてKAZZ(高校生)と申します。将来、落ちてこない(大気圏突破)するロケットを作りたいと思っています。そこでお聞きしたい事があります。ishiさんのHPにある。「ロケット工学の基礎」を理解する為に必要な知識はどんな物があるでしょうか?数学123・ABC、物理12の知識があれば理解できる物なのでしょうか?お忙しいところ申し訳ありませんが、よろしくお願いします。
ki
2007年09月04日 22:44
ようこそ、KAZZ様、拙い駄文をお目に留めて頂き幸いです。
本文の冒頭にも書いておきましたが、全くの素人の自分が、面白がって考え計算してみたことなので、基本的間違いもあるやも知れず、
ちゃんとした教科書でも買って勉強していただいたほうが良いと思いますが、基本的には高校の数学、物理の範疇で考えているつもりです。
(自分も結局のところ、そのレベルなので...)

例えば、対数関数や指数関数、三角関数の微積分とか、簡単な微分方程式とか
(後者は高校ではやらないのかもしれませんが、一番簡単な
 y’=y の形のやつだけは、複素関数まで含めると応用範囲がものすごく広いので、
覚えておいて損はないです。)

今見返してみても、自分でも忘れちゃってるところもあるので、
個別に判らないところがあれば、聞いてくださればもう一度考えて見ますので、よろしく
KAZZ
2007年09月05日 16:32
学校では数学は1Aの途中をやっている段階なので、対数関数?指数関数?三角関数の微積分?ですが、高校数学123ABC・物理12は学校で履修できるようなので、もっと勉強を頑張りロケット工学の基礎を理解したいと思います。また個別に質問できる箇所があればいいのですがまだ自分自身の知識の少なさから全部わからない状態なので、もっと勉強して出直してきます。質問に答えて頂き有難う御座いました。

この記事へのトラックバック